上原、救援失敗でも今季3勝目

ボストン・レッドソックスの上原浩治投手が 2014年6月22日(日本では 23日)、アスレチックス戦で今季3勝目をあげました。

この試合、上原は「4‐6」で 2点リードの 9回裏に 4番手で登板。
この回に 2本のホームランで同点にされ、救援失敗しました。

幸い、延長10回表にレッドソックスの指名打者オルティスがホームランで 1点取り、上原が 10回裏を三者凡退で切り抜けた結果、上原に勝ち星が付きました。

上原は 2回を投げて 2被安打、無四球、1奪三振、2失点。
防御率 1.30 になりました。

上原は前日のアスレチックス戦でもサヨナラ安打を打たれており、調子が落ちているようです。

1イニングに 本塁打を 2本打たれて崩れなかったのは凄いですが、2試合続けて打たれたのは心配です。

なお、この日、ヤンキースの田中将大投手が 7回を 3失点で 2敗目、レンジャーズのダルビッシュ有投手が 6回を 5失点で今季 4敗目。

この日にメジャーの試合で投げた日本人投手の中で、内容的には田中が最高だったと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です