レッドソックス 上原、今季18セーブ目

ボストン・レッドソックスの上原浩治投手が 2014年6月29日(日本では 30日)、ヤンキース戦で今季18個目のセーブを記録しました。

この試合、上原は「8‐5」で 3点リードの 9回裏に 5番手で登板し、三者凡退で切り抜けました。

上原は 1回を投げて、被安打ゼロ、無四球、1奪三振。
防御率 1.19 になりました。

ヤンキースのイチロー外野手は「9番ライト」で先発しました。

3回裏の第1打席はエラーで出塁し、今季5個目の盗塁成功。
5回裏には今季初の三塁打を打ちました。

この試合、イチローは 4打数1安打2三振1盗塁で、打率 2割9分7厘になりました。

なお、イチローは 9回裏の第4打席で上原と対決し、空振り三振でした、

そろそろ、イチローのヒット量産を見たいものです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です