庭の植木を剪定 2014/09/16

2014年9月16日(火)の午前8時頃から 1時間余り、庭の植木を剪定しました。

この日の主な剪定対象は、庭の隅にあるヒノキ。
少し高く伸ばしすぎ、最上部の枝は近くの電線よりも高くなっています。

放置しておくと、今後、ヒノキの枝が電線にダメージを与える事態が起こることもありそうです。

そこで、幹の長さを 2メートルほど詰めることにしました。

まず、高さ 1メートル弱の脚立をヒノキの近くに立て、脚立を踏み台にしてヒノキに移動し、少し木登りしてから切断作業を開始しました。

ところが、木の枝の上では足元が安定せず、この手の作業に未熟な私では、効率的に作業することが出来ません。

結局、木登りして作業することは断念し、ヒノキに梯子(はしご)をかけて作業することにしました。

その後、20分ほど梯子の上で作業し、無事に幹を詰めることができました。

剪定した枝や葉については、後日、別の場所に持っていく予定です。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です