Windows、一部無償化

Microsoft(米マイクロソフト)が 2014年4月2日、ディスプレイの大きさが 9インチ未満の PC、スマートフォン(スマホ)、タブレットに関して、端末メーカーに Windows を無償提供すると発表しました。

つまり、条件に合った端末について、メーカーは Microsoft に Windowsのライセンス料を支払わなくても済むようになり、その分、端末の販売価格が低下する可能性大。

現在、スマホやタブレットで Microsoft は苦戦しており、Windows 系OS の巻き返しのためには今回の無償化は仕方ないところでしょう。

また、同日に発表された「Windows 8.1 Update」では、動作要件が緩和され、1GBの RAMと 16GBの HDD容量にも対応しました。

個人的には、安価なノートPC の登場に期待しています。

ただ、私自身が次に買う PC については、8GBの RAM を搭載し、割と高性能な CPU を搭載したものにしたいと考えています。

Windows 9 を待つか、年内に Windows 8.1 Update 搭載PC を購入するか、悩ましいところです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です