ジャイアンツ、2年ぶりワールドシリーズ制覇

大リーグ(MLB)のワールドシリーズ第7戦が 2014年10月29日(日本時間では 30日)にカンザスシティーで行われ、アウェイのジャイアンツ(ナショナル・リーグ)が「3-2」でロイヤルズ(アメリカン・リーグ)に勝ち、4勝3敗で優勝しました。
ジャイアンツのワールドシリーズ制覇は、2年ぶり 8度目。

ロイヤルズの青木宣親外野手(以下、敬称略)は、「2番ライト」で先発フル出場し、3打数無安打 1四球。
シリーズ全体では、14打数1安打 2四球 2三振 1打点。

今季終盤、青木は高い出塁率でしたが、ワールドシリーズ本番では打撃不振で残念な結果でした。

シリーズMVP には、エース左腕のマディソン・バムガーナー投手が選出されました。
バムガーナーは、第1戦と第5戦に先発し、第7戦では 3番手で登板し、シリーズ 3勝。
第5戦は完封で、第7戦は 5回を投げて無失点という素晴らしい活躍でした。

来シーズンの MLB で、日本出身の選手たちが活躍することを期待しています。

追記:
米大リーグ機構が 2014年10月29日、ワールドシリーズ第7戦の勝利投手を、マディソン・バムガーナー投手からジェレミー・アフェルト投手に訂正しました。
アフェルトは、2番手として 2回裏の途中から登板し、4回までを無失点に抑えました。
4回表にジャイアンツが勝ち越しており、ルール上、アフェルトに勝ち星が付きます。

バムガーナーにはセーブがつき、このシリーズ 2勝1S となりました。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です