WordPress インストール後の設定

WordPressのインストールが正常に終了すれば、ブログに記事を投稿することは可能です。

ただ、インストール直後にブログを表示させると、WordPressの開発元が用意したサンプル記事が表示されます。

サンプル記事を残しておくと、ブログの完成度を低く評価される危険がありますので、記事を削除する等、サンプル記事を表示しないようにするのが無難でしょう。

サンプル記事以外にも、早期に設定しておきたい項目がいくつかあります。

私は今回、「WordPress 3.7.1」日本語版のインストール直後、以下の作業を実施しました。

  • ニックネーム設定
  • パーマリンクの設定

ニックネーム設定

WordPressの初期設定では、投稿者名として WordPressのログイン時に使用するユーザー名が使用されます。

第三者にユーザー名が知られるのは、セキュリティ上、危険です。
そこで、管理画面の「ユーザー」からユーザーを選択し、ニックネームを入力し、ブログ上の表示名をニックネームにしておきます。
こうしておいても、WordPressの知識があれば簡単にユーザー名を知ることができますが、やらないよりはいいでしょう。

パーマリンクの設定

パーマリンクとは、Webサイトの個々の記事に対して割り当てる URLのことです。

WordPressのデフォルトは、インストール先の後ろに「/?p=123」のような文字列が付く、いわゆる「動的URL」形式。

近頃では、検索エンジン対策で 動的URLが著しく不利ということはないはずですが、URLから記事内容を類推できない点は不便です。

私の場合、パーマリンクは、「カスタム構造」を選択し、「/%postname%.html」と指定しています。

このように、タイトルの文字列を URLに流用すると、タイトルに漢字や全角かな文字が含まれている場合、日本語URLになります。

実用上、日本語URLでも大きな問題はありませんが、私の好みではありません。

基本的に私は、URLが半角英数字だけの文字列になるよう、記事投稿時に入力し直しています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です