Twenty Thirteenで画像や広告の表示

WordPressの 2013年の公式テーマ「Twenty Thirteen」に画像や広告の表示領域を準備するためのカスタマイズについて、簡単に解説します。

ブログの記事本文の上部や下部に画像や広告を表示したい場合、content.phpに修正を施します。

ただし、Twenty Thirteenでは、トップページやアーカイブページの表示にも content.phpを用いています。
個別記事ページに広告を表示させるようにすると、WordPressの設定によっては、トップページ等に多数の広告が表示されてしまいます。

広告会社によっては、ページ内に一定の数以上の広告を表示させることは規約違反となります。

規約違反を避ける方法として確実なのは、個別記事ページだけに広告を表示させること。
具体的には、is_single()を利用して、個別記事か判定し、処理を振り分けます。

以下に、個別記事ページの記事下に広告枠を設置する方法を、例示しておきます。

	</div><!-- .entry-content -->
		// 記事の後ろに下記のコードを入れる
		<?php if ( is_single() ) : ?> <!-- 個別ページの判定 -->
			// ここに、画像や広告のコード!
		<?php endif; // is_single() ?>

ブログのサイドバーに画像や広告を表示したい場合、表示対象の横幅を確認する必要があります。

Twenty Thirteenでは、サイドバーの幅は 300 pxで、ウィジェットの表示用に、左右に 20 pxずつのパディング(padding)が定義されています。

横幅 260 pxまでの画像なら、管理画面の「外観」‐「ウィジェット」で、「テキスト」ウィジェットを利用するのが簡単です。

300 pxよりも幅の大きな画像を表示させる場合、テーマのサイズを調整するしかありません。

261 px以上で 300 px以下の横幅の画像の場合、sidebar.phpを直接編集し、サイドバーの上部か下部に表示させる手もあります。

ここでは、サイドバーの上部に画像を表示させる方法を例として示しておきます。

if ( is_active_sidebar( 'sidebar-2' ) ) : ?>
	<div id="tertiary" class="sidebar-container" role="complementary">
		<div class="sidebar-inner">
			<div class="widget-area">

				// ここに、画像や広告のコード!

				<?php dynamic_sidebar( 'sidebar-2' ); ?>
			</div><!-- .widget-area -->
		</div><!-- .sidebar-inner -->
	</div><!-- #tertiary -->

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です