派遣会社の基礎知識

派遣会社に登録する前に知っておきたい基礎知識について書いていきます。



派遣の求人案件の選び方


派遣の求人案件を選ぶ際、判断の要素として以下の事柄を挙げることが出来ます。
  • 仕事の内容
  • 賃金水準
  • 交通費の支給の有無
  • 通勤時間の長さ
  • 労働時間の長さ
  • 残業の有無


仕事の内容は、特に重要です。
働こうとする人の能力で対応できる必要があります。


その他の要素は、所得の金額に影響します。
個々の要素で妥協することはあっても、全体として、仕事内容に見合う所得金額が欲しいところです。


また、人によっては「ダブルワークOK」かどうかも重要ですし、「紹介予定派遣」かどうかを重視する人もいることでしょう。



派遣会社の選び方


派遣会社を選ぶ上で最も重要なポイントは、派遣会社の経営状況です。

派遣で働く場合、職場は派遣先ですが、給料を払うのは派遣会社。
業績不振で給料が遅配になる恐れもありますし、最悪の場合、経営破綻で賃金が未払いになります。

派遣業界大手の企業や、有名企業のグループ会社になっている派遣会社については、ある程度は安心感がありますが、絶対安心とは言い切れません。
株式を公開しているなら、株価の推移や IR情報をチェックしておくのがよいでしょう。

株式非公開の派遣会社については、公開されている情報や評判などから判断することになります。


次に重要なポイントは、希望する条件での求人案件の数です。

基本的に、求人案件の数は派遣業界大手の企業が多いですが、希望する条件によっては特定の分野に特化した派遣会社の方が良い案件が見つかるかもしれません。


また、福利厚生の内容については、確認しておく価値はあります。



派遣の種類


派遣労働者の働き方には、以下の 3種類があります。
  • 一般派遣
  • 特定派遣
  • 紹介予定派遣


一般派遣は、まず最初にスタッフとして派遣会社に登録し、派遣先が決まってから派遣会社と雇用契約を結ぶ方式で、「登録型」とも言います。
登録だけでは雇用関係にならないので、複数の派遣会社に登録することも出来ます。


特定派遣は、派遣会社に正社員として雇用された上で派遣先で働く方式で、「常用型」とも言います。
派遣期間終了後、次の派遣先が決まるまでの待機期間中も給与が出ます。

SEやプログラマーなど、専門的な職種では、特定派遣で働く人が多いようです。


紹介予定派遣は、派遣先に正社員または契約社員として直接雇用されることを前提として派遣契約を結ぶ方式です。
派遣期間終了後、スタッフと派遣先企業が合意すれば、派遣先企業への就職が実現します。

なお、紹介予定派遣の場合、派遣期間は最長で 6ヶ月と決まっています。



派遣会社のシステム


派遣会社のシステムについて、登録から派遣期間終了までの基本的な流れを解説します。
登録から派遣期間終了までのステップは、以下の通り。
  1. 登録
  2. 仕事紹介
  3. 勤務開始
  4. 派遣期間終了


登録

まず最初に、派遣会社にスタッフとして登録します。

Web登録できるシステムの派遣会社もありますが、電話連絡後、履歴や希望職種などを提出する場合もあります。
希望職種によってはスキルチェックを受けることもあります。

派遣会社によっては、登録時に面談が行なわれます。


仕事紹介

ネット上などで公開された求人案件に応募できます。
派遣会社から仕事の紹介が行なわれる場合もあります。

求人案件について、派遣会社とスタッフの間で合意できれば、勤務開始することになります。


勤務開始

勤務開始後、スタッフは派遣先の指揮の元で働きます。
勤務時間・時間外勤務等についても、派遣先の管理を受けます。


派遣期間終了

派遣期間終了により、派遣先での勤務は終了です。
派遣先から契約期間延長の要請がある場合、契約更新する場合もあります。



正社員と派遣労働者の違い


正社員は、期間の定めのない労働契約に基いて働く人を言います。
派遣労働者は、派遣元企業に雇用され、派遣契約期間中、派遣先の指揮下で働く人を言います。

契約期間が決まっていないという点で、一般的に派遣労働者よりも正社員の方が雇用が安定しています。

同じ事業所で正社員と派遣労働者が働いている場合、正社員と派遣労働者の違いは、雇用契約を結ぶ相手の違いです。
正社員は、事業所の運営企業に直接雇用されています。
派遣労働者は、派遣元に雇用されています。

同じ事業所で同じ仕事をしている場合、大抵は正社員の方が待遇が良いです。

派遣元で正社員として雇用されている特定派遣の場合、給料は月給制で、交通費は支給され、派遣会社によっては賞与(ボーナス)も出ます。
派遣先の正社員の方が好条件の場合が多いとはいえ、特定派遣は一般の派遣よりは収入が安定しています。

一般派遣や紹介予定派遣の場合、大抵は時給制で賞与は出ませんし、求人案件の多くは交通費が出ません。

ただし、正社員(特定派遣を含む)は基本的に仕事の案件を選べないのに対し、登録型の一般派遣は、気に入らない案件にエントリーしない自由があります。