正社員と派遣労働者の違い

正社員は、期間の定めのない労働契約に基いて働く人を言います。
派遣労働者は、派遣元企業に雇用され、派遣契約期間中、派遣先の指揮下で働く人を言います。

契約期間が決まっていないという点で、一般的に派遣労働者よりも正社員の方が雇用が安定しています。

同じ事業所で正社員と派遣労働者が働いている場合、正社員と派遣労働者の違いは、雇用契約を結ぶ相手の違いです。
正社員は、事業所の運営企業に直接雇用されています。
派遣労働者は、派遣元に雇用されています。

同じ事業所で同じ仕事をしている場合、大抵は正社員の方が待遇が良いです。

派遣元で正社員として雇用されている特定派遣の場合、給料は月給制で、交通費は支給され、派遣会社によっては賞与(ボーナス)も出ます。
派遣先の正社員の方が好条件の場合が多いとはいえ、特定派遣は一般の派遣よりは収入が安定しています。

一般派遣や紹介予定派遣の場合、大抵は時給制で賞与は出ませんし、求人案件の多くは交通費が出ません。

ただし、正社員(特定派遣を含む)は基本的に仕事の案件を選べないのに対し、登録型の一般派遣は、気に入らない案件にエントリーしない自由があります。


スポンサーリンク