ハローワークの使い方

ハローワークで求人を探すためには、求職者登録を行う必要があります。
ハローワークインターネットサービス の「求人情報検索」を使うだけなら、求職者登録は必要ありませんが、ハローワークの紹介状が応募に必要な場合があるので、ハローワークを利用する場合、早めに求職者登録しておくのが基本です。

ハローワークの窓口で求職者登録希望であることを告げると、求職申込書を書かされます。
求職申込書の用紙には、住所氏名や生年月日、連絡先の他、学歴や資格等についての記入欄があります。
履歴書を持っていった方が良いかもしれません。

求職者登録を済ませた後、窓口で番号を渡され、ハローワークの相談員と 1対1 で面談することになるかもしれません。

なお、窓口で求人情報検索用の端末(パソコン)の使用希望を伝えると、番号札を渡されます。
渡された番号に対応する端末で求人情報を検索することになります。

気になる求人情報があれば、端末から印刷し、端末使用終了後に窓口で「応募したい求人案件がある」ことを伝えると、相談員と面談することになり、面談後に紹介状を渡されます。

その紹介状を、履歴書や職務経歴書と一緒に求人元企業に提出することになります。


スポンサーリンク