仕事探しの方法

基本的な仕事探しの方法として、現在の日本では以下の方法が考えられます。
  • ハローワーク(公共職業安定所)
  • 求人情報サイト
  • 人材紹介
  • 縁故採用
  • クラウドソーシングサイト

上記の 5つのうち、最も基本的な方法がハローワーク(公共職業安定所)の利用です。
現在では、ハローワークに行かなくても、ハローワークに登録されている求人情報の多くを、ハローワークインターネットサービス の「求人情報検索」で知ることができます。

求人情報サイトも役に立ちます。
求人情報サイトを利用することにより、ハローワークには登録されていない求人情報も入手できます。

人材紹介は、厚生労働大臣の許可を受けた職業紹介事業者が求人側と求職者の仲介を行うサービスです。
求職を希望する人に対して紹介担当者(コンサルタント)が付き、コンサルタントからアドバイスを貰えます。

縁故採用は、求職者が企業との何らかの関わりがあることを利用して採用される方法で、コネ採用とも言います。
縁故には、地元有力者や取引先幹部からの紹介など、様々な形のものがあります。
5つの方法の中で、縁故採用が最も強力な場合が多いでしょう。

クラウドソーシングサイトは、不特定多数の個人・企業への業務委託を仲介するサイトで、プログラマやデザイナーが仕事を探すのに便利な存在です。
ただ、クラウドソーシングの場合、最初から報酬を払う気のない悪意の発注者に遭遇する危険もあるので、要注意です。


スポンサーリンク