クレジットカード

日本で最初のクレジットカードが発行されたのは 1960年代のことですが、その後、急速に普及し、現在では複数枚のクレジットカードを使用している人も珍しくありません。

このページでは、クレジットカードの基礎知識や人気カードの概要を紹介していきます。



クレジットカードとは


クレジットカードとは、商品を購入する際に代金を後払いにする手段で、契約者の番号等の情報が記載され、記録されているカードです。

カード払いを利用できる店での買い物の際、レジでクレジットカードを提示すると、カード会社が支払いを肩代わりし、後でカード利用者へ代金を請求する形となります。

カード会社が会員に信用(credit)を供与するという意味で、「クレジット」という表現が使用されています。

クレジットカードに似たものとして、商品購入時に銀行等の預金口座から即時引き落としで支払う「デビットカード」があります。



クレジットカードの魅力


現在の日本で、クレジットカードの魅力として挙げられることが最も多いのは、ポイントです。

日本のクレジットカードの多くは、買い物の支払いをカード払いするとポイントを付与する仕組みになっています。
現金払いとカード払いで同じ値段なら、当然、ポイントの分だけカード払いの方が得になります。

また、クレジットカードの中には、特定の店での買い物が値引きになるものや、旅行傷害保険が付帯するなどのメリットを持つものもあります。

プラチナかそれ以上のグレードのカードに「ステータスシンボル」としての魅力を感じる人も少なくありません。

なお、現金払いすることが少なくなると、財布が小銭でふくらまなくなります。
人によっては、これをクレジットカードの魅力に数えるかもしれません。



クレジットカード選びのポイント


クレジットカードを選ぶ際、申込みの前に確認しておくのがよい項目として、以下のものを挙げておきます。
  • 年会費
  • ポイント・プログラム
  • カード提示特典
  • 安全性
  • 保険
  • 国際ブランド
  • グレード
  • ショッピング枠
  • カード券面のデザイン
  • 入会時特典
  • キャンペーン

上に挙げた項目のうち、年会費とポイント・プログラムの内容は、特に重要です。

他の項目については、個人のライフスタイルによって、どの項目を重視するかは異なります。
例えば、カード券面のデザインを全く気にしない人もいますが、デザインだけが気に入らないだけで申込み対象から外す人もいます。



年会費無料クレジットカード


クレジットカードを選ぶ際、大抵の人が確認する項目が 年会費です。
年会費永年無料や条件付きで無料になるタイプのものは、維持コストが低いため、人気があります。

また、年会費無料だからといって、年会費が有料のクレジットカードに比べ、機能やサービス内容で劣るとは限りません。

全般的な傾向として、年会費の高いカードでは良質なサービス内容が提供される傾向がありますが、年会費とサービス内容が全てのカードで比例するわけではなく、年会費に割にサービス内容の良い お得なカードが存在するのです。

初めてクレジットカードを持つ人は、年会費無料のものから、ライフスタイルに合うカードを選ぶのが無難でしょう。

年会費永年無料のクレジットカードとして、ここでは、以下の 2つを挙げておきます。
  • 楽天カード
  • ライフカード