年金の受給開始年齢

老齢年金は、原則として 65歳から受け取ることができます。

1961年(昭和36年)4月2日以降に生まれた男性、1966年(昭和41年)4月2日以降に生まれた女性については、完全に 65歳以降の受給になることが決まっています。

1961年(昭和36年)4月1日以前に生まれた男性、1966年(昭和41年)4月1日以前に生まれた女性については、厚生年金に 1年以上加入した経験がある場合、希望すれば 65歳以前に繰上げて受け取ることは可能です。
これを、「特別支給の老齢厚生年金」といいます。

ただし、繰上げ支給の請求をした時点に応じて年金が減額され、その減額率は一生変わりません。

特別支給の老齢厚生年金についても、老齢基礎年金相当の定額部分と老齢厚生年金相当の報酬比例部分があります。

特別支給の老齢厚生年金の受給開始年齢は、下記のように段階的に引き上げられています。


特別支給の老齢厚生年金の受給開始年齢(男性)
生年月日定額部分報酬比例部分備考
1941年(昭和16年)4月1日以前60歳60歳 
1941年(昭和16年)4月2日から
1943年(昭和18年)4月1日まで
61歳60歳 
1943年(昭和18年)4月2日から
1945年(昭和20年)4月1日まで
62歳60歳 
1945年(昭和20年)4月2日から
1947年(昭和22年)4月1日まで
63歳60歳 
1947年(昭和22年)4月2日から
1949年(昭和24年)4月1日まで
64歳60歳 
1949年(昭和24年)4月2日から
1953年(昭和28年)4月1日まで
60歳定額部分なし
1953年(昭和28年)4月2日から
1955年(昭和30年)4月1日まで
61歳定額部分なし
1955年(昭和30年)4月2日から
1957年(昭和32年)4月1日まで
62歳定額部分なし
1957年(昭和32年)4月2日から
1959年(昭和34年)4月1日まで
63歳定額部分なし
1959年(昭和34年)4月2日から
1961年(昭和36年)4月1日まで
64歳定額部分なし


特別支給の老齢厚生年金の受給開始年齢(女性)
生年月日定額部分報酬比例部分備考
1946年(昭和21年)4月1日以前60歳60歳 
1946年(昭和21年)4月2日から
1948年(昭和23年)4月1日まで
61歳60歳 
1948年(昭和23年)4月2日から
1950年(昭和25年)4月1日まで
62歳60歳 
1950年(昭和25年)4月2日から
1952年(昭和27年)4月1日まで
63歳60歳 
1952年(昭和27年)4月2日から
1954年(昭和29年)4月1日まで
64歳60歳 
1954年(昭和29年)4月2日から
1958年(昭和33年)4月1日まで
60歳定額部分なし
1958年(昭和33年)4月2日から
1960年(昭和35年)4月1日まで
61歳定額部分なし
1960年(昭和35年)4月2日から
1962年(昭和37年)4月1日まで
62歳定額部分なし
1962年(昭和37年)4月2日から
1964年(昭和39年)4月1日まで
63歳定額部分なし
1964年(昭和39年)4月2日から
1966年(昭和41年)4月1日まで
64歳定額部分なし



スポンサーリンク