加給年金と振替加算

特別支給の老齢厚生年金の「定額部分+報酬比例部分」を受け取っている場合、または 65歳以上の老齢厚生年金の受給者で、厚生年金に原則 20年以上加入している人が、規定の条件を満たす配偶者または子を扶養している場合、加給年金が支給されます。


加給年金額と扶養家族の年齢条件
対象者加給年金額年齢条件
配偶者22万4000円65歳未満
配偶者が 1926年(大正15年)4月1日以前の生まれの場合、年齢制限なし
子供
(1~2人目)
各22万4000円18歳到達年度の末日まで。
または、1級・2級の障害の状態で 20歳未満
子供
(3人目以降)
各7万4600円同上


ただし、配偶者の厚生年金保険の被保険者期間が 20年以上または 40歳(女性の場合は35歳)以降 15年以上ある場合、老齢(退職)年金を受けられる間、配偶者加給年金額は支給停止となります。
障害年金を受けられる間も、配偶者加給年金額は支給停止されます。


また、加給年金の受給権者の生年月日に応じて、配偶者の加給年金額への特別加算があります。


配偶者加給年金の特別加算額
受給権者の生年月日特別加算額加給年金の
合計額
1934年(昭和9年)4月2日から
1940年(昭和15年)4月1日
33,000円257,000円
1940年(昭和15年)4月2日から
1941年(昭和16年)4月1日
66,100円290,100円
1941年(昭和16年)4月2日から
1942年(昭和17年)4月1日
99,200円323,200円
1942年(昭和17年)4月2日から
1943年(昭和18年)4月1日
132,200円356,200円
1943年(昭和18年)4月2日以降165,200円389,200円


加給年金額の受給権者の配偶者が 65歳以上になると、加給年金は打ち切りとなります。

このとき、65歳以上になったばかりの配偶者が老齢基礎年金を受けられる場合、一定の基準により、老齢基礎年金の額に「振替加算」が行われます。

ただし、振替加算の対象となる配偶者には、以下の条件があります。
  1. 生年月日: 1926年(大正15年)4月2日~1966年(昭和41年4月1日)
  2. 配偶者が老齢厚生年金や退職共済年金を受けている場合、加入期間が240月未満
  3. 配偶者の厚生年金保険または共済組合等への一定年齢(男:40歳、女:35歳)以降の加入期間が下の表未満


生年月日加入期間
1947年(昭和22年)4月1日以前180月(15年)
1947年(昭和22年)4月2日から
1948年(昭和23年)4月1日
192月(16年)
1948年(昭和23年)4月2日から
1949年(昭和24年)4月1日
204月(17年)
1949年(昭和24年)4月2日から
1950年(昭和25年)4月1日
216月(18年)
1950年(昭和25年)4月2日から
1951年(昭和26年)4月1日
228月(19年)


振替加算の額は、1927年(昭和2年)4月1日以前に生まれた人については、配偶者加給年金額と同額の 22万4000円となります。

それ以降に生まれた人については、若くなるほど減額し、1966年(昭和41年)4月2日以降に生まれた人は、振替加算対象外。


スポンサーリンク