資産を増やす方法

資産を増やす方法は、投資と預貯金の 2つに大別できます。

投資とは、利益が生じることを期待して、株式等の金融資産や事業に資金を投入すること をいいます。

投資の成功で期待できる利益は、預貯金の金利よりも大きいです。
でも、投資にはリスクがあり、損する可能性もあります。

預貯金は、基本的に元本が保障された運用方法で、投資に比べれば安全です。
でも、預金で得られる利息は、投資の成功で得られる利益に比べると、ささやかな金額。

また、預金の金利が物価上昇率を下回る場合、預金の価値は目減りしてしまいます。

預貯金は、資産を増やす方法としては主役とはなりません。
相続や贈与などで金持ちになる人もいますが、一般的に、資産を大きく増やすには何らかの投資を行うしかないでしょう。


スポンサーリンク