ふすま張替え実施

2012-12-22 23:52:38

2012年12月17日の午前9時頃から約2時間、襖(ふすま)張替えを実施しました。

張替えの対象は、スタンダードなサイズの縁付き襖 1枚と、地袋(じぶくろ)4枚。
地袋とは、床の間の下段に取り付けるような小さいふすまを言います。

使用する紙は、前日に購入した、アイロンで貼るタイプのもの。
本来なら、引手の部品を外し、紙を張り替えてから引手を付け直すのですが、今回は、現在の「ふすま」の上に紙を張り、引手の部分だけ穴開けする方針です。

妻と私の二人で作業を開始し、最初の小ふすま 2枚については、妻を私が補助するスタイル。

その後、私は別の用事で作業場所を離れ、残りの小ふすま 2枚は、妻が一人で作業しました。

縁付き襖については、私が補助しました。
ふすまと言っても、縁の部分に取っ手を付けた、開き扉タイプの戸襖ドアですので、引手部分に穴開けする必要がなく、数分間で作業完了しました。