竹の枝折り

2012-11-07 21:24:25

2012年11月5日は自宅で本業に専念し、6日は雨のため、竹関係の作業は休みました。

今日(2012年11月7日)の午前10時頃から 20分ほど、父の保有する土地の管理作業を行いました。
後日、何回かに分けて自分自身で工事を行う予定で、この日は現場の状況の確認のみ。

その後、竹薮の隣の畑に移動し、1時間ほどの滞在の間に、横倒しで放置してある竹の枝を取りました。
細い枝は即座に折り取り、太めの枝はノコギリで切れ目を入れてから折り取りました。
鉈(なた)も持参していますが、近頃、軽トラの荷台に置いたままで、鉈で枝払いすることはありません。

この日に処理した竹は 10本。そのうち半分くらいは直径 1センチ程度の細い竹だったので、作業に要した時間は 30分程度です。
残りの時間は主に、外から竹薮の状況を観察し、今後の作業について検討するのに消費しました。

明日は竹と無関係の作業を行う予定で、明後日は葬式に出るため作業を休みます。

今年の 10月以降、少なくとも 65本の竹を枝払いしましたが、畑には伐採済で枝を残したままの竹が 200本ほど残っています。
年内に畑の上の竹を片付けることが出来るかどうか、微妙です。