竹を譲渡することに

2013-02-24 15:25:16

2013年2月12日の午後、畑で作業中に知人と会話していて、伐採して畑に置いてある竹棹を知人に譲渡することになりました。

我が家では使い切れない量なので、貰ってくれるのはありがたいことです。


なお、2013年2月5日から 2月22日の間、私は 5回、草取りや野焼きなどの作業を行いました。


2月5日

16時頃、ゴミ捨て場に寄ってから、竹を積んである畑に行き、東北部分と南東部分で野焼きしました。
17時過ぎ、作業終了。


2月12日

13時過ぎ、竹を埋める予定の場所の近くで、竹15本の枝払いを行いました。

知人に竹を譲ることが決まった後、竹を積んである畑で、野焼きを 3回。
16時過ぎ、帰宅しました。


2月16日

14時半過ぎ、溝に置いた竹を埋め始めました。

周辺に多くの小石が落ちているため、畑の整備を兼ねて、立ち鎌で草を削りながら、目に付く小石は溝に放り投げ、草を削った後の土を竹の上にかけました。

短期間に手作業だけで行うのは大変なので、この作業は 20分ほどで切り上げました。

その後、南側で野焼き。


2月21日

13時半頃、竹を積んである畑に行き、バケツ1杯の生ゴミを南側に廃棄しました。

北隣の畑で少し草を削り、溝に置いてある竹に土をかける作業を、20分ほど実施。

生ゴミの上で、枯れ草などを焼きました。

その後、別の土地に移動し、土地の東側で枯れ草を削り、北がら順に移動し、計4回、野焼きしました。
17時過ぎに作業終了し、帰宅。


2月22日

14時頃、一人で外出。
溝に置いてある竹に土をかける作業を 20分ほど実施しました。
竹を積んである場所に移動し、竹10本の枝払い後、野焼き 2回。

16時過ぎ、別の土地に移動し、東側の中央とその南側で草取りと野焼きを行いました。
17時半頃に帰宅。