梅の剪定や野焼き

2012-12-12 21:32:38

2012年12月10日と 12月11日の両日、梅の木の剪定や野焼きを行いました。

10日は、14時過ぎに着替え、14時半頃に畑に着きました。
畑の北西部に置いた竹の枝葉を、隣の畑まで運び、溝に置きました。

15時頃、別の土地に移動し、梅の枝を 30分ほど剪定しました。
その後、元の畑に戻り、野焼き。

11日は、13時半頃から梅の木の剪定を行いました。
この日は現場に脚立を持ち込み、2時間ほど作業。

15時半頃に畑に移動し、30分ほど、竹の枝葉を隣の畑の溝まで運びました。
その後、16時50分頃まで、畑の南側部分で野焼き。

11日の作業が終わった時点で、溝の表面の大部分を竹の枝と葉で覆うことが出来ました。

今後、下記の 2つの作業を交互に行いながら、土手を構築していき、道路と同じ高さにする計画です。
  1. 溝を竹の枝と葉で埋め尽くし、土を被せる。
  2. 溝の脇に竹の枝葉を積んで盛り上げ、土を被せ、溝を構築。

その後、土の表面に竹の枝と葉を敷き、その上に砂利を敷き、さらにゴムシートを被せようかと考えています。