やすりで枝払い

2013-03-19 00:54:48

2013年3月12日、竹の枝払いの道具として、金属製の鑢(やすり)を初めて使用してみました。

私が初めて竹の枝払いを行ったとき、鉈(なた)を刃のない側を下にして打ち降ろす方法を、父親から教わりました。

この方法は、熟練すれば便利なのかもしれませんが、私には向いていないようで、私は最近まで、基本的には力任せで枝を折り、手で折り取れない分に対してはノコギリを使用していました。

ただ、枝折りとノコギリを併用する方法では作業のスピードに難があり、畑に積んだ竹の枝を 3月のうちに全部処理するのは難しい状況。

そこで、鉈の代わりにヤスリを使ってみました。

鉈よりも軽く、私には扱いやすかったです。
また、やすりには鉈のような刃がないため、一撃で大怪我する可能性はほとんどありません。

当分、私は竹の枝払いの道具として、やすりを使用することになりそうです。