春まき大根の種まき

2013-04-10 21:43:17

2013年4月10日の午後、春まき大根とマリーゴールドの種まきをおこないました。

大根の種は、4月2日に購入したもので、一部は 9日に母が「裏庭」で蒔きました。
マリーゴールドの種は、3月21日に購入したもの。

今回、私が種まきを行う場所は、「南畑」の中央付近。
ミニトマトの種をまいた場所から 1メートルほど南にマリーゴールドを蒔き、さらに 1メートルほど南に大根を蒔きます。

大根の種蒔きでは、土を深く耕し、土を細かく砕き、畝(うね)を地面から 20センチくらい盛り上げ、そこに種を蒔くのが基本です。

ネットで情報収集してみたところ、大根を不耕起栽培することも出来るようです。

基本に忠実に作業するか、不耕起栽培に挑戦するか、検討した結果、今回は基本寄りに妥協した方法を行うことにしました。
手順は、以下の通り。

  1. シャベルを使用し、幅60センチ・深さ20センチの溝を掘る。
  2. 現場周辺の地表近くの土を立鎌で削り、溝に入れる。
  3. 最初に掘り出した土を、細かく砕いてから溝に戻す。
  4. 周辺の土を集め、高さ10センチ余りの畝を作る。
  5. 畝の上部に線を引き、種を置き、土を被せる。

マリーゴールドについては、立鎌で軽く地表を削った後、種を蒔き、土を被せました。

これらの作業の後、種を蒔いた場所に水をかけ、作業終了。

ただし、マリーゴールドの方は十分に水をかけましたが、大根の方は水が足りませんでした。
大根については、11日に水やりするつもりです。