スズメノエンドウ?

2013-04-20 01:15:11

2013年4月19日の 16時頃、「置き場」の状況を確認しました。

二十年くらい耕作してない土地で、地面の上には無数の小石が転がっており、人力だけで畑に戻すのは容易ではありません。

やせ地のためか、思っていたよりも雑草は少なかったですが、ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)によく似た草が生えていました。

ヤハズエンドウの近縁種の「スズメノエンドウ」もしくは「カスマグサ」と思われます。
ちなみに、カスマグサは、花の大きさがカラスノエンドウとスズメノエンドウの中間くらいということから、「カラス」と「スズメ」の間(マ)という意味をこめて名前が付けられたようです。

なお、私は現在、ヤハズエンドウかその近縁種を「南畑」に移植し、緑肥として活用することを考えています。

ただ、緑肥としての機能は問題ないですが、増やしすぎると撤去が大変かもしれません。