ヘドロ処理に着手

2013-04-06 09:36:48

2013年4月5日の午後、自宅敷地内の水路に溜まったヘドロの処理に取り掛かりました。

我が家では、「裏庭」の農業用水として、自宅の横を流れる小川から水を取り込んで使用できるようにしてあります。

草などの有機物が水と一緒に流れ込み、自宅敷地内の水路の底でヘドロ化するため、放置しておくと、ヘドロが溜まります。
小川の上流は田畑に面しており、ヘドロに有害物質が含まれている可能性は低そうです。

現在、水路に溜まったヘドロは大量ではないですが、私がシャベルとネコ(手押しの一輪車)で片付けるとすれば、朝から夕方までかかりそうです。

ただ、水路の底にあるヘドロを一気に片付けるよりも、少しずつ乾燥させてから片付ける方が、全体としての作業は楽になります。

既に乾燥させてあったヘドロが少しあったので、2013年4月5日の 14時頃、「裏庭」の端の方に穴を掘って埋めました。

ただ、ヘドロに有害物質が含まれている可能性は低そうですが、成分を調査したわけではないので、安全とは限りません。

次回からは、乾燥ヘドロは別の場所に移して処理するかもしれません。