コーヒーかすで雑草対策

2013-04-19 11:45:06

レギュラーコーヒーを淹れると、コーヒー抽出残渣(コーヒーかす)が残ります。

コーヒーかすについて、ネットで情報検索すると、コーヒーかすに発芽抑制効果があるらしいとの記述が多数、見つかります。

発芽抑制物質の真偽については分かりませんが、大量のコーヒーかすを土中に投入すれば、窒素飢餓が発生するので、植物の生育を阻害することは考えられます。
場所によっては、意図的に窒素飢餓を発生させるのも有力かもしれません。

また、土の上にコーヒーかすを 1センチ以上の厚さで敷けば、日光を遮断するので、マルチとして機能するはずです。

コーヒーかすを有機質マルチとして使い、雑草対策する方法を試すため、数日前から私は、天日で乾燥させたコーヒーかすを畑の特定の場所に撒いています。

1回あたりの散布は少量ですが、毎日のように撒くことで、次第にマルチらしくなってきています。

ただ、時期によっては、コーヒーかすが腐敗してハエが寄ってくるかもしれません。
今後の状況によっては、堆肥とコーヒーかすを混ぜて発酵させる等、マルチ以外の方法に変更することになります。