シソの種まき

2013-04-18 13:23:29

2013年4月17日の 14時過ぎ、「南畑」で紫蘇(シソ)の種まきを行いました。

シソには、いくつかの品種があり、代表的なのが、縮緬紫蘇(チリメンジソ)、赤紫蘇(アカジソ)、青紫蘇(アオジソ)。

今回まいたのは、縮緬青紫蘇(チリメンアオジソ)で、葉の両面が緑色で縮れる種類です。

種は、1年以上前に購入してあったもので、有効期限は 2012年12月。
有効期限切れですが、多分、大丈夫でしょう(根拠なし)。

種を蒔く場所の周辺を立鎌で除草した後、立鎌の刃の端の部分で地面に直線状の凹みを作り、種を凹みに蒔きました。
種に土を被せ、軽く水やりして、作業終了。

この日は、東西方向に長さ 8メートル程で 1列、南北方向に長さ 4メートル程で 1列に、種まきしました。

青じその種は残っているので、近いうちに、この日に蒔いた場所の近くに蒔くつもりです。

なお、この日の 16時頃から、「北畑」の北端の溝に生えていた水仙を「南畑」に移植する作業を行いました。

10本近くを植え替えましたが、作業を急ぐあまり、水仙への配慮が足りず、茎や根をかなり傷つけてしまいました。