剪定枝を畑に

2013-07-01 21:20:41

2013年6月28日の午前中、妻が庭の植木の剪定を行いました。
電動の機械を使用しての作業なので、小型の植木バサミでの作業に比べ、格段に早く作業が進み、切断された枝は庭に山積み状態になりました。

昼食後、私は剪定枝の一部を軽トラの荷台に積み込み、「南畑」に持っていきました。

どこに剪定枝を置くのがよいか、少し迷い、結局、「南畑」の東北部分に置くことに決めました。

そこは、昨年秋から今年の春にかけて野焼きを頻繁に行った場所ですが、あまり草取りしなかったため、草ぼうぼうの状態。

幸い、マリーゴールドの姿は見えなかったので、急いで立鎌で草を削り、草の山の上に剪定枝を積みました。

その後、草取りを 1時間ほど実施しましたが、暑くなってきて、熱中症の恐れを感じたこともあり、14時に帰宅し、休憩。

16時頃、剪定枝の残りを軽トラに積み、再び「南畑」に置きました。
ついでに、南の畑の北側の草取りを行い、17時15分頃に帰宅。