蜂の巣を破壊

2013-08-02 09:57:06

自宅の西側に蜂の巣があることを 2013年7月31日に家族から教えられました。
幸い、スズメバチではなく、アシナガバチなので、私が蜂の巣を破壊することにしました。

蜂の巣の破壊は、蜂が巣にいるときに行うのが基本です。

蜂の全滅を狙うなら夜に行うのが確実ですが、暗いので巣が見えにくく、懐中電灯などの照明を用意する必要があります。

今回は、2013年8月1日の朝、蜂退治を行いました。

早起きして作業するつもりだったのですが、寝過ごしてしまい、午前7時過ぎに現場に行きました。

巣の外には数匹程度の蜂がいて、スプレー式の殺虫剤を吹きつけると、全て地面に落下。
巣から出てきた蜂もスプレーで退治し、その後、蜂が出てくる様子がないのを見て、棒で巣を地面に落とし、踏み潰しました。

念のため、自宅敷地内を見て回ったところ、2箇所でアシナガバチの巣を見つけました。

1つは車庫の壁にあり、もう 1つは自宅と物置の間の通路にありました。

車庫の方の巣は、妻や私がよく使う車の近くにあり、子供が刺されては困るので、スプレー式の殺虫剤を吹き付けました。

通路の方の巣については、通路の出入り口を片付けないと近づけません。
巣の近くに家族が近づくことはなく、誰かが蜂に刺される危険は小さいと思われるので、対処は 8月2日以降に行うことに決めました。