土つくり開始

2013-11-13 11:13:42

2013年11月12日の 13時半頃から、「南畑」中央部の耕作予定地で、「土つくり」の作業を開始しました。

この日は、耕作予定地に生えている雑草を立鎌で削り、米糠(こめぬか)を撒き、その上から土を被せました。

土の上に、コーヒーかすを少し撒きました。
コーヒーかすには発芽を阻害する物質が含まれているようですが、撒いたのは少量ですし、耕作予定地での種まきは数ヶ月後なので、多分、問題ないでしょう。

約2~3週間後に、草木灰(そうもくばい)を撒き、土に混ぜ込む方針。

土つくりの作業の合間に、「北畑」と「南畑」の数ヶ所で草削りしました。
特に、スギナが生えている部分を重点的に削りました。

籾殻(もみがら)を積んである場所の一部でスギナが繁殖しており、籾殻が濡れた状態になっていました。
立鎌で少し削りましたが、本格的な対処は先送りしました。

16時頃から、耕作予定地の近くで草木灰の作成に取り組みました。
枯れ草の他、スギナと籾殻も灰にしようとしましたが、水分が多く、籾殻の量が多すぎたため、燃え残しが出てしまいました。

籾殻は乾燥さえ、スギナと分別してから、土壌改良剤として使うことにします。