冬まき野菜を検討

2013-11-08 10:38:46

今年の春から秋にかけて、私は基本的に「北畑」と「南畑」を遊ばせていました。
「南畑」の一部でマリーゴールドや大根などを種まきした程度。

無肥料で「ほったらかし」でしたが、マリーゴールドは無事に成長し、花が咲きました。

大根の方は、無肥料では問題があったようで、花は咲きましたが、出来はイマイチ。
結局、大根は収穫しませんでした。

私が遊休農地で作業するのは雑草対策が目的ですが、やはり、何らかの収穫がある方が嬉しいのは確かです。

そこで、年内に何か種まきし、今度は収穫したいと考えています。

2013年11月7日(木)の夜、冬まきの野菜についてネットで情報収集しました。

初心者向きと思われるのは、アスパラガス、ホウレンソウあたり。

アスパラガスは、種から育てることも出来ますが、苗にするまで手間がかかります。
種苗店などで苗を買い、10月から 11月頃に植えるのが簡単そうです。

ほうれん草については、9月から 11月頃に種まきするのが一般的です。

アスパラガス、ほうれん草、どちらも酸性土を好まないので、土壌の酸度を調整するのが望ましいです。

今月、「南畑」では野焼きを行い、竹枝や枯れ草を草木灰にします。
その草木灰を土に混ぜた後、種まきや苗の植え付けを行おうと思います。