簿記

「簿記」のページでは、簿記についての基礎知識や勉強方法などについて書いていきます。



簿記とは何か


簿記とは、英語の bookkeepingの訳語で、本来、資産状況の変動や一定期間内の収益や費用を記録するための記帳方式を意味しますが、現在では、複式の商業簿記のことを「簿記」と表現する場合が多いです。

簿記の役目は、商店や企業などの経済活動(商品の仕入れや販売など)を、帳簿に記録することです。

継続して帳簿に記入し、財産状態を示す貸借対照表、儲けを明らかにする損益計算書を作成することによって、商店などの資産や損益の状況を把握できるようになります。

確定申告を行う場合など、簿記の知識が役立つこともありますので、勉強しておいて損はないでしょう。



単式簿記と複式簿記


簿記には、単式簿記(たんしきぼき)と複式簿記(ふくしきぼき)があります。

単式簿記とは、帳簿に記載する取引を単一の科目で記録・集計する方法です。
収入と支出を記録し、最終的な残高が財産・債務となります。

会計についての専門知識のない人にも理解しやすいため、小遣い帳や家計簿では大抵、単式簿記が使用されます。
また、日本では、多くの自治体が採用しています。

複式簿記とは、帳簿に記載する取引を、仕分(しわけ)という方法を用いて、取引の原因と結果の両方を管理できるように記録・集計する方法です。

現在の日本で「簿記」といえば、複式簿記のうちの商業簿記を指します。
なお、法人や青色申告の個人事業者に対しては、複式簿記での記帳が求められています。



簿記の種類


簿記の表記方法には単式簿記と複式簿記の 2種類がありますが、簿記を、その適用領域や記録や計算内容によって、商業簿記や工業簿記などに分類することもあります。

ここでは、日本商工会議所の試験である日商簿記検定で扱う商業簿記と工業簿記について、簡単に説明します。

商業簿記とは、商品の売買を記録し損益を計算する財務状態を管理するための記帳方式で、主に商店や一般の会社(製造業以外)で使用されます。
どの会社にも共通する、「決算に関する会計処理」や「固定資産の償却処理」なども「商業簿記」として取り扱われることが多いです。

現在の日本で一般に簿記というと、商業簿記を指します。
日商簿記3級および 4級の試験範囲は、商業簿記となっています。

基本的な簿記である商業簿記に対して、それ以外の簿記のことを応用簿記と言います。

応用簿記の中で代表的なのが、製造業に適用される簿記である工業簿記です。
製造業では材料を仕入れて製造し、その製品を販売するので、工業簿記では原価計算が重要となります。
そこで、工業簿記では、製造原価報告書という財務諸表が追加されています。

日商簿記1級および 2級の試験範囲には工業簿記も含まれるので、日商簿記2級以上の資格取得を考える場合、商業簿記と工業簿記の両方を学習しておく必要があります。

工業簿記以外の応用簿記には、銀行簿記、農業簿記、官庁簿記などがありますが、詳細は割愛します。



簿記検定の種類


簿記の検定試験には、以下のものがあります。
  • 日商簿記検定(日商簿記)
  • 全国経理教育協会 簿記能力検定(全経簿記)
  • 全国商業高等学校協会 簿記実務検定(全商簿記)
  • 全産能連簿記能力認定試験(全産簿記)


日商簿記検定(にっしょうぼきけんてい)は、日本商工会議所(日商)が主催する簿記検定で、全国的に知名度の高い資格です。

全経簿記は、公益社団法人全国経理教育協会が主催する簿記能力検定です。

就職に役立つという観点では、一般的に日商簿記の社会的評価が高く、次が全経簿記です。

日商簿記1級か全経簿記の上級合格者(昭和58年度以降)には税理士試験の受験資格が与えられるので、税理士を目指すならば合格しておきたい試験といえます。

日商簿記検定は、1級~4級があります。
ただし、初学者は 3級から受験することが大部分で、東京・横浜など、4級試験を実施しない商工会議所もあります。

全経の簿記能力検定は、上級の下に 1級~4級があります。
上級が日商簿記の 1級に相当する位置づけですが、知名度は日商簿記の方が高いです。



簿記の勉強方法


簿記の勉強方法は、学校で学ぶのが基本ですが、他に、独学、通信教育という方法があります。
これらのうち、最も経済的なのが独学です。

簿記は割とメジャーな資格なので、大抵の書店の資格取得関係の売り場には、簿記のテキストや問題集などが数多く並んでいます。

お金をかけないことを考えるなら、ブックオフなどで中古本を探す手もあります。
ただ、品揃えの点で大型書店の方が優れていますので、使いやすい本を定価で購入する方が結果的に安上がりかもしれません。

通信教育は、忙しくて学校に通えない人には便利です。
独学に比べると費用がかかりますが、質問制度が用意されている講座もあり、独学では不安な人には検討の価値があります。

学校で学ぶ方法は、お金と時間に余裕のある人に、お勧めです。
簿記を教える学校には、商業高校もありますが、既に成人している人が勉強する場合、大学か専門学校を選ぶことになります。
簿記の資格取得を目的とする場合、大学よりも専門学校で勉強する方が無難でしょう。