簿記とは何か

簿記とは、英語の bookkeepingの訳語で、本来、資産状況の変動や一定期間内の収益や費用を記録するための記帳方式を意味しますが、現在では、複式の商業簿記のことを「簿記」と表現する場合が多いです。

簿記の役目は、商店や企業などの経済活動(商品の仕入れや販売など)を、帳簿に記録することです。

継続して帳簿に記入し、財産状態を示す貸借対照表、儲けを明らかにする損益計算書を作成することによって、商店などの資産や損益の状況を把握できるようになります。

確定申告を行う場合など、簿記の知識が役立つこともありますので、勉強しておいて損はないでしょう。


スポンサーリンク