竹の退治方法

竹は、かつては、生活用品の素材や建築資材として幅広く使われましたが、現在ではタケノコなどを食材とする以外の利用は少なくなっています。

竹を栽培することの経済的メリットが薄れたことや、農業人口の減少の結果、日本各地で放置竹林が増えてきています。

竹は成長力が強く、ピーク時には 1日で 1メートル以上も成長します。
地下茎(竹の根)は、1年で約8メートル伸びます。

放置竹林の近くにある田畑に竹根が侵入すれば、農作物を枯らす恐れがあります。
民家の床下から筍(タケノコ)が生え、成長するのを放置すれば、竹が床を突き抜けることになります。


「竹の退治方法」のページでは、放置竹林の竹の退治や、隣の土地から越境してきた竹の根への基本的な対策を紹介していきます。



竹の伐採


竹の退治の基本は、伐採です。

竹の品質を重視する場合、秋から冬に伐採するのが良いとされていますが、単に竹林の全滅を狙う場合、筍からの成長で養分を使い果たす時期(初夏から夏)に地上部分を切り倒すのが良いでしょう。

竹林や竹やぶでの作業では、枝などから目を保護するためにアクリルの作業用安全メガネを使用するのがお勧めです。
また、尖った切り株を踏む恐れがあるので、靴底に鋼鈑が入った安全長靴を履くのが無難でしょう。

竹を短く刈ると、つまずきやすいため、伐採は通常、50センチから 1メートル程度の高さで行います。
直径が 1センチ程度の細い竹については、地表近くで刈ります。

なお、斜めに切断すると刺さる危険がありますので、切断面が水平になるように切るのが大切です。

伐採を行ったら、その後の土地の状況をチェックし、竹草は見つけ次第、シャベルなどで削ります。

ただし、伐採だけでは竹の根が生き残ります。
全ての竹根を掘り起こすのが理想ですが、広大な土地や傾斜地では実行困難。

伐採と農薬を併用するのが無難でしょう。



竹の根の除去


地表の竹を全て取り除いたとしても、地中に竹の根が残っていれば、竹は復活します。
竹を完全に退治するためには、竹の根も全滅させなければいけません。
竹の根は、竹や筍の生えている場所の周辺にありますが、根の先端は竹から 2メートル以上離れていることもあります。

竹根を退治する方法として、正攻法は、竹の根の掘り起こしです。
ただ、竹の根は通常、地表から 約30センチくらいのところを伸びていきますが、深さ 1メートルに達することもあります。

シャベルなどを使用して人力で掘り起こすのは重労働ですので、お金に余裕があるなら、小型のユンボ(パワーショベル)など、重機を利用するのが良いでしょう。

なお、竹の根を完全に取り除くのが理想ですが、それが難しい場合、のこぎりで複数個所を切断し、蕎麦やトマトなど、吸肥力が強い作物を栽培し、竹の根を弱らせるのが有力です。



竹の駆除と農薬使用


竹を伐採後、地下茎(竹の根)を掘り起こし、根を完全に地中から取り除くことが出来れば、農薬を使用せずに駆除することは可能です。

ただ、かなりの労力がかかりますし、竹が生えている場所によっては、土手が崩れる危険等の理由により、掘り起こし作業を行うことが出来ません。

そこで、農薬を使用しての駆除も広く行われています。

農薬の使い方には、伐採直後の竹からの除草剤注入や、伐採を何年か繰り返した後に竹草を除草剤で退治する方法など、様々なスタイルがあります。

別の項目で、薬剤を使用しての代表的な駆除方法を紹介していきます。

なお、隣の土地にも竹が生えている場合、農薬で地下茎(竹の根)を枯らすと、隣地の竹も枯れてしまうなどの影響が出る恐れがあります。

隣地の所有者も農薬で竹を退治することに賛成なら問題ないですが、そうでない場合、土地の境界付近を掘り返し、隣地に伸びる竹根を全て切断しておきます。
その上で、隣地に竹が侵入しないよう、土地の境界付近にトタンの波板などを埋め込むのが基本です。



竹を連年皆伐


連年皆伐とは、竹林内の全ての竹の伐採を毎年繰り返し実施することで、数年かけて竹を退治します。

竹は地中に地下茎(竹の根)を伸ばしていて、光合成で養分を根に蓄えているため、全てを伐採しても翌年に新しい竹が生えてきます。

伐採を繰り返し、光合成を邪魔することで、竹は徐々に弱っていきます。

連年全伐採開始の数年後、土地を掘り起こし、竹の根を地中から取り除きます。
竹の根の除去が大変なら、根まで枯らせる除草剤を竹草に散布する手もあります。

竹が土手に生えていて、土手を崩したくない状況では、竹根を掘り起こすわけにいかないので、最後は除草剤を使うことになります。



竹に除草剤注入


竹に薬剤を注入し、竹の根まで枯らすのは、かなり効果的です。
ただし、枯れるまでに時間がかかります。

竹に注入する薬剤としては、ラウンドアップハイロードなど、グリホサート系の除草剤の原液がよく使用されます。
また、除草剤の代わりに灯油を注入しても効果があります。

具体的に、よく行われるのは、竹を根元から 30センチの範囲内の高さで切断し、節を抜いて除草剤を注入する方法です。
この場合、雨水が入らないように、ガムテープなどでフタをする必要があります。

木工用ドリルなどで竹に穴を開け、除草剤を注入後、穴をふさぐ方法もあります。
この方法では通常、竹が枯れてから伐採を行います。

なお、除草剤の注入による駆除を行うのに適した時期は、7月から 8月頃です。



竹の侵入防止


竹は通常、地下茎(竹の根)によって繁殖域を拡大します。
竹の根は 1年で約8メートル伸びるので、竹林や竹薮の拡大を放置すると、隣の土地に侵入することもありえます。

隣の土地への竹の侵入を防ぐには、繁殖域の周囲の土地を掘り起こし、根を取り除くのが基本です。
重機を使うのが無難ですが、狭い土地なら、ダイエットを兼ねて自力で作業するのも良いですし、根を切断するだけでも勢力拡大を防ぐことは出来ます。

ただ、竹根の掘り出しや切断を行っても、見落としがあれば、隣地に竹の侵入を許してしまいます。
完封を目指すなら、周囲の土地との間に防根シートやトタンの波板を設置するのが良いでしょう。

竹は地表から約50センチの深さまでに根を張ることが多いですが、深さ 1メートルくらいまで伸びることもあるため、1メートル程度の深さに溝を掘り、防根シートやトタンの波板を垂直に埋め込みます。

隣地からの竹の侵入を防止したい場合も対策は同様で、隣地に接する辺りの竹根を掘り起こすのが基本になります。

除草剤を使用すると、侵入元の竹も枯れてしまう可能性があるため、除草剤を使う場合、根を切断してから行うのが無難です。



竹の処分方法


伐採した竹の処分方法として、最も簡単なのは、屋外に放置することです。
ただ、竹を寝かしておくと虫(ミミズ、ムカデ、団子虫など)が集まってきますし、竹が土と同化するまでには何年もかかりまし、。

草刈りした雑草を竹に被せておけば、土への同化が早くなりますが、それでも、すぐに竹の形がなくなることはありません。

日当たりの良い場所で乾燥させるほうが、後の処分は楽でしょう。

竹を乾燥させた後、燃やしてしまうのが簡単ですが、現在では野焼きが規制されています。
野焼きに寛容な地域以外では、少しずつ一般ごみとして出すのが無難です。
ただし、地方自治体によってゴミ出しのルールが違うので、要注意。

お金に余裕があるなら、竹用の粉砕機で竹パウダーを作り、土壌改良剤や生ゴミの臭い消しとして利用するのも良いかもしれません。
ただし、除草剤で枯らした場合、粉末化した竹は廃棄するべきでしょう。