竹に除草剤注入

竹に薬剤を注入し、竹の根まで枯らすのは、かなり効果的です。
ただし、枯れるまでに時間がかかります。

竹に注入する薬剤としては、ラウンドアップハイロードなど、グリホサート系の除草剤の原液がよく使用されます。
また、除草剤の代わりに灯油を注入しても効果があります。

具体的に、よく行われるのは、竹を根元から 30センチの範囲内の高さで切断し、節を抜いて除草剤を注入する方法です。
この場合、雨水が入らないように、ガムテープなどでフタをする必要があります。

木工用ドリルなどで竹に穴を開け、除草剤を注入後、穴をふさぐ方法もあります。
この方法では通常、竹が枯れてから伐採を行います。

なお、除草剤の注入による駆除を行うのに適した時期は、7月から 8月頃です。


スポンサーリンク