雑草対策

庭や農地を管理する上で重要なのが、雑草対策です。
5月から 10月頃まで、草がよく伸びますので、そのままにしておくと、ちょっとしたジャングルのようになってしまいます。

伸び放題の雑草は見苦しいですし、害虫の発生要因にもなります。
出来るだけ早めに対策しておきたいものです。

雑草対策の基本的な方向性は、以下の 3つです。
  • 草刈りなどで雑草を除去。
  • 除草剤で草を枯らす。
  • マルチング(地面を何かで覆い、草が生えないようにする)。


「雑草対策」のページでは、庭や農地などに生える雑草への主な対策を紹介していきます。



雑草を抜く


雑草対策の基本は、「根を残さずに草を抜くこと」です。

草を根元から切り取る「草刈り」では、地中に芽を出す部分が残るため、すぐに葉が出て、雑草は復活してしまいます。
それに対し、根を残さずに草を抜けば、同じ草が復活することはありません。

草抜き作業中に種子が地面に落ちるかもしれませんし、他所から種が風で飛ばされてくることもありえますので、草を抜いた場所に再び草が生える可能性はあります。
でも、草が生えるのは、かなり先のことになるはずです。

ただ、草を抜く作業には、作業が大変というデメリットがあります。

狭い土地では草抜きだけで雑草退治することも考えられますが、ある程度の広さがある土地では、草抜きと他の手段を併用するのが無難でしょう。



草刈り


草刈りとは、根元から草を切り取る方法です。
地中に芽を出す部分が残るため、草を退治することは出来ませんが、草を刈ることにより、雑草の生える場所の広がりを抑えることが出来ます。

草刈りを行うための道具としては、草刈り鎌、刈払機(かりはらいき)、草刈機があります。

伝統的な農具である草刈り鎌は、日本では奈良時代に使われ始めたらしいですが、現在でも、鎌を使って草刈りする人は珍しくありません。

日本の一般的な個人住宅の庭では、草刈り鎌があれば十分かと思います。

農地を保有している場合、機械を使用して草刈りすることも考えられます。



除草剤で雑草退治


除草剤(じょそうざい)で雑草を退治する方法もあり、広く行われています。

除草剤は、雑草を枯らすための薬剤です。
あらゆる植物を枯らす非選択的除草剤と、対象の種類の植物を枯らす選択的除草剤があります。

除草剤には危険もあります。
たとえば、パラコート剤(プリグロックスLなど)は毒性が強く、過去、誤飲などによる死亡事故が多く発生しています。

ホームセンターや園芸店などで簡単に購入可能な除草剤には、強い毒性はありませんが、それでも、摂取により、下痢や嘔吐を引き起こすこともありえます。

製品の使用上の注意をよく読むことが大切です。

除草剤を、農耕地用と非農耕地用の二つに分類することも出来ます。
非農耕地用除草剤の中には土壌残留性が高いものもあり、野菜などの農作物を栽培している土地での除草に使用するのは危険です。

ちなみに、非農耕地用除草剤を日本国内で農作物の栽培・管理のために使用すると、法律違反で罰せられます。

除草剤の中で、比較的、安全性が高いとされているのが、グリホサート剤(ラウンドアップ)やグリホシネート剤です。
散布液を雑草に吸収させ、根まで枯らすタイプの除草剤で、成分が土壌中で他の物質に分解されるため、土壌残留が短期間で済むそうです。



マルチングで雑草対策


雑草対策として、マルチング(略称:マルチ)という、地面をシート等で覆う方法もあります。

地面を覆う素材は、藁、枯れ草、落ち葉、防草シートなど、様々です。
ただ、地面の上に落ち葉や防草シートを敷いた状態は、見栄えのよいものではありません。

野菜や草花を栽培してない庭にマルチングを施す場合、防草シートの上にウッドチップや砂利を敷き詰める方法が考えられます。

なお、農地で防草シートを利用することは可能ですが、広い土地全体をシートで覆うのは、コストが高くつきます。
シートを定期的に移動する手もありますが、数週間おきにシートを移動するのは面倒です。

農地では、防草シートは部分的に採用し、草刈りして集めた草をマルチに使うなど、別の雑草対策と併用するのが無難でしょう。

マルチングとは異なりますが、地面に構造物を設置する手もあります。
庭にプレハブ物置を置くことで、草が生える場所を狭くするのも悪くありません。



コンクリートで雑草対策


雑草対策として、コンクリートなどで地面を覆う方法もあります。
舗装工事に費用がかかりますが、庭を手入れすることが出来ない場合、舗装してしまうのも有力です。

ただ、コンクリートやアスファルトを使用した場合、照り返しがきつく、炎天下では火傷するくらいに熱くなります。

表面温度の上昇を抑える方法として、消熱塗料とか熱交換塗料と言われるものがあります。
現時点では、コンクリート舗装した面に上述の塗料を塗るのが、良いと思います。

他に、水で固める土というものがあります。
適度な透水性・保水性があるため、表面温度はコンクリートやアスファルト舗装よりも低くなります。

ただし、水で固まる土はコンクリートよりも強度で劣ります。
人間が頻繁に歩く程度でも少しずつ削れていきますので、駐車場など、自動車がよく通る場所で使うのには向きません。

水で固まる土の中で、強度が高めのものについては、下地を十分に固めてから施工するようにすれば、駐車場にも使うことが出来るはずですが、業者に工事してもらうのが無難でしょう。



立鎌で雑草対策


庭で野菜や草花を栽培している場合、立鎌(たちがま)を用意しておくと便利です。

立鎌は、150~200センチくらいの棒に刃が付いた農具で、立ったままの姿勢で作業できます。
基本的には、上から草の根元の辺りに打ち下ろし、地面の 2センチくらい下を引っかくようにして、手前に引いて雑草を削り取ります。

丈の低い雑草が多い状況では、草刈り鎌よりも立鎌の方が使いやすいです。
また、立鎌は、草取りだけでなく、土寄せ作業でも活躍できます。



トラクターで雑草対策


畑の雑草対策としては、耕してしまうのも一策です。
庭の一部を家庭菜園に利用している場合など、狭い土地ならば鍬などの農具を使って耕すことも出来ますが、広い土地の場合、農耕用トラクターで耕すことも考えられます。

熟練すれば、1時間足らずの間に 10アール(1000平方メートル)の畑を耕すことができます。
ただし、トラクターは草刈り用の機械ではないので、長く伸びた雑草の多い畑を耕すと、トラクターは故障しやすくなります。

雑草対策の目的でトラクターを使う場合、雑草が伸びる前に、こまめに耕すことが大切です。



グランドカバーで雑草対策


雑草対策として、グランドカバーも有力です。
グランドカバーとは、正確には「グラウンドカバー」と言い、園芸や造園の分野では、地表を覆う目的で植える植物を指します。

また、上述の目的に使われる植物のことを、グランドカバープランツと呼ぶこともあります。

草丈が低く、病害虫に強く、雑草にも負けない繁殖力を持つ植物をグランドカバープランツとして利用すれば、雑草への抑止力となります。

グラウンドカバープランツとして、様々な植物が使用されます。
ジャノヒゲ(リュウノヒゲ)やアジュガなどの多年草が用いられることが多いですが、は多いですが、低木やコケが採用されることもあります。