トラクターで雑草対策

畑の雑草対策としては、耕してしまうのも一策です。
庭の一部を家庭菜園に利用している場合など、狭い土地ならば鍬などの農具を使って耕すことも出来ますが、広い土地の場合、農耕用トラクターで耕すことも考えられます。

熟練すれば、1時間足らずの間に 10アール(1000平方メートル)の畑を耕すことができます。
ただし、トラクターは草刈り用の機械ではないので、長く伸びた雑草の多い畑を耕すと、トラクターは故障しやすくなります。

雑草対策の目的でトラクターを使う場合、雑草が伸びる前に、こまめに耕すことが大切です。