雑草を抜く

雑草対策の基本は、「根を残さずに草を抜くこと」です。

草を根元から切り取る「草刈り」では、地中に芽を出す部分が残るため、すぐに葉が出て、雑草は復活してしまいます。
それに対し、根を残さずに草を抜けば、同じ草が復活することはありません。

草抜き作業中に種子が地面に落ちるかもしれませんし、他所から種が風で飛ばされてくることもありえますので、草を抜いた場所に再び草が生える可能性はあります。
でも、草が生えるのは、かなり先のことになるはずです。

ただ、草を抜く作業には、作業が大変というデメリットがあります。

狭い土地では草抜きだけで雑草退治することも考えられますが、ある程度の広さがある土地では、草抜きと他の手段を併用するのが無難でしょう。


スポンサーリンク